膝の痛み

  • HOME>
  • 膝の痛み

膝の痛みについて

変形性膝関節症

変形性膝関節症

加齢、肥満、性別、膝の外傷など多くの原因が関与しています。原因が特定できないものを一次性、何らかの原因で起こるものを二次性に分けられます。そのうち多くを締めているのが筋力低下や肥満といった症状が複雑になり発症する一次性です。二次性は怪我や病気による関節構造の問題によって起こります。

関節軟骨および半月板等の膝関節構成体の編成や摩耗によるストレス、骨の増殖によって生じます。

日本人はO脚の人が多く、膝の内側に負担がかかり、変形性膝関節症が進行しやすいです。

また、日本人の生活習慣上、膝を大きく曲げる動作が多いため、変形性膝関節症になりやすいといわれています。

症状として膝が痛い、膝が腫れる、膝を曲げ伸ばししにくい、膝がO脚、X脚になるといった症状が出現します。

〇治療内容

痛みが強い場合は関節注射や薬物療法が選択されます。

また、膝への負担を軽減する目的で装具療法や日常生活指導(杖や減量)等によるアプローチも重要です。

理学療法による内容は膝周囲の関節可動域訓練、筋力訓練が中心となります。

膝の運動範囲が狭いと膝周りの筋力も力が発揮しづらくなり、負担がかかります。

また、膝周囲筋肉を鍛えることで膝の動揺性や負担を減少させ、痛みの軽減につながります。

症状が改善しない場合は手術療法となります。骨切り術や人工膝関節置換術等。

半月板損傷

半月板は膝関節に重要な働きをしており、荷重の負担、衝撃吸収、関節の安定性、関節の潤滑をしています。

スポーツ中に膝を捻る、高いところから飛び降りる、膝を深く強く曲げるなど過度の負担をかけた場合に損傷が起こりやすいです。

また、靭帯損傷に合併して生じることもあります。放置すると、将来的に変形性膝関節症をきたす恐れがあります。

・スポーツ外傷:ジャンプや方向転換を行うスポーツに多いです。若年者で多く、靭帯損傷に靭帯損傷に合併して生じることもあります。

・加齢変性:中高年で多く、加齢により変性し、半月板が損傷することがあります。立ち上がり等の動作で負担がかかり損傷することがあります。

・円板上半月板:正常では三日月状である半月板が先天的に円板状を呈するもので円板状半月板は正常の半月板よりも損傷しやすいです。小児で多く見られます。

症状として膝の痛み、膝の引っかかり感(キャッチング)、膝折れ(歩いてる最中に急に膝がガクッと折れる)、膝が腫れるといった症状が出現します。

〇治療内容

保存療法では関節注射や大腿四頭筋や体幹、股関節周囲筋への筋力強化訓練、関節可動域訓練を中心となります。

手術療法では関節鏡視下術(部分切除と縫合術)があります。

前十字靭帯損傷

前十字靭帯は膝関節を安定させる重要な働きをしています。

ジャンプからの着地、急停止、急な方向転換、ジャンプの踏切時等の動作で損傷することが多いです。

受傷時の膝の痛み、ブツッという断裂音、その後、痛みはやや軽減しますが数時間以内に膝が腫れる、曲げ伸ばししにくくなります。

〇治療内容

保存療法では装具療法や安全な膝の使い方などの指導やハムストリングスや大腿四頭筋の筋力訓練が中心となります。

手術療法では再建術があります。再建する靭帯の材料としてハムストリングス腱(太ももの後ろの腱)や膝蓋腱(膝のお皿の腱)が用いられます。

後十字靭帯損傷

地面に脛を強打した際やスポーツ時にほかの選手との衝突等により損傷することが多いです。

症状として膝関節の腫れ、膝周囲の痛み等があります。

〇治療内容

保存療法が優先となります。受傷後の炎症が治まってきましたら大腿四頭筋の筋力強化訓練が中心となります。

膝の不安定感や違和感等が運動の中で残存した場合は手術療法(再建術)となります。

内側側副靭帯損傷

内側側副靭帯損傷

スポーツ等で相手選手との衝突や転倒、ジャンプの着地動作等で損傷することが多いです。

症状としては運動時の膝の内側の痛みや圧痛、膝の曲げ伸ばしがしづらい等があります。

〇治療内容

関節拘縮しないように関節可動域訓練や筋力訓練が中心となります。

不安定性が強い場合は靭帯再建術が行われます。

オスグッド-シュラッター病

小学校高学年から中学生の成長期スポーツ選手に発症することが多いです。

お皿の下にある脛骨粗面という場所から骨が飛び出し、痛みが出現することが特徴で、ダッシュやジャンプ、キック動作の繰り返しにより、症状が出現することが多いです。

症状として膝のお皿の下にある骨が飛び出し、痛みや圧痛、腫れや熱を持ったりします。

〇治療内容

大腿四頭筋、ハムストリングスへのストレッチが中心となります。

成長期を過ぎると多くの場合は症状が消失しますが関節内に軟骨や骨のかけら残存していると運動時の痛みが持続し、骨片摘出術が必要となります。

腸脛靭帯炎

マラソンや長距離走トレーニング、ジャンプ等の反復運動が原因で発生します。

症状として主に膝の外側側に痛みが出現することが多いです。

〇治療内容

腸脛靭帯や股関節周囲へのストレッチが中心となります。

鵞足炎

膝の内側部に付着している筋(縫工筋、薄筋、半腱様筋)の炎症症状です。

スポーツや負担のかかる動作の繰り返しによる原因が多いです。

症状として膝の内側側に圧痛、運動時の痛み、膝が腫れる等が出現します。

〇治療内容

縫工筋、薄筋、半腱様筋へのストレッチ、股関節周囲筋、大腿四頭筋への筋力訓練が中心となります。

 

Web予約 reserve

06-6852-5115 telephone

Instagram

LINE