整形外科

  • HOME>
  • 整形外科

整形外科とは?

運動器の各種症状・疾患の専門家です

整形外科とは、骨、軟骨、筋、靱帯、神経、脊髄などの身体を動かすための器官(運動器)で起こる症状・疾患を診る科です。

整形外科で診る症状は肩や腰の痛み、関節のこわばり、腫れ、痺れ、打撲、捻挫、脱臼、骨折と多岐にわたり、首や肩、腰、関節、手足などの部位で起こる頚椎捻挫(むち打ち)、頚肩腕症候群(肩こり)、急性腰痛症(ぎっくり腰)、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性膝関節症などの様々な疾患を治療します。

 

院長挨拶

院長挨拶

当ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

豊中駅前で整形外科クリニックを開業いたしました、池田幹則(いけだみきのり)と申します。

肩こり・肩の痛み、腰痛、膝痛など、運動器に関するお悩みは、ほとんどの方が一度は持たれたことがあると思います。

運動器に痛みや障害があると様々な日常生活に支障がでて、仕事や家事、趣味などに十分なパフォーマンスが発揮できなかったのではないでしょうか。

当院では、運動器の治療、管理を通して、仕事や家事、スポーツ、趣味など、その方が人生をアクティブに楽しめことを最終的な目標としています。

短期的に関節や筋肉の痛みを改善させるだけではなく、その後もしっかりと痛みなく動ける体づくりを行います。

そのために丁寧に問診と診察を行い、痛みや障害の背景にあるものもお伺いしながら、根本的な治療に繋げていきます。

年齢や障害であきらめず、人生をアクティブに楽しみたい方はぜひ一度ご相談ください。

 

当院ではお一人お一人にしっかりとした診察と治療を行うため、完全予約制としております。

お手数をおかけしますが、必ずお電話もしくはネットでのご予約をお願い申し上げます。

 

経歴:

平成17年 香川大学医学部卒業

大阪市立大学医学部付属病院 整形外科

国立成育医療センター 整形外科

大阪市立総合医療センター 整形外科

大阪労災病院 整形外科

東住吉森本病院 整形外科

 

資格など:

日本整形外科学会認定 整形外科専門医

日本手外科学会認定 手外科専門医

医学博士(iPS細胞による末梢神経再生研究)

 

5.1.2. 「肩の痛み」・「腰痛」・「膝の痛み」のエイジング治療に力を入れています

MIKIクリニックではエイジング(加齢)にともなって増えてくる「肩の痛み」・「腰痛」・「膝の痛み」に根本から対処し治療しています。

慢性的な「肩の痛み」・「腰痛」・「膝の痛み」でお悩みの場合、姿勢やライフスタイル、仕事の習慣など、その背景に疼痛を引き起こす原因・要因があることがほとんどです。

これらの要因により肩・腰・膝のエイジング(変性)が加速し、疼痛が引き起こされていると考えられます。

当院では疼痛の治療はもちろん、この根本要因にアプローチし、肩・腰・膝の加齢をゆるやかにし、痛みがなく、「アクティブに動ける体」を目指します。

エイジングが完全に進行してしまうと根本的な改善は難しく、人工関節などの手術治療に頼ることになります。

そのため当院では、運動器のエイジングが始まる30代後半から、エイジングが進行しきってしまう前の60代の方を主な対象にリハビリを中心とした早期介入治療を行っております。

 

「慢性的な肩こり・腰痛・膝の痛みで悩んでいる」「整骨院に通院しているが良くならない」「もっと動ける体になりたい」とお困りでしたら、一度当院へご相談ください。

肩の痛みについて

肩の痛みについて

肩の痛みでお悩みでしたら、お気軽に大阪・北摂にあるMIKIクリニック豊中駅前へご相談ください。

肩の痛みを引き起こす疾患として、肩こりのほか、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)や肩腱板断裂、石灰沈着性腱板炎などがあります。

どのような疾患が原因で症状が現れているのか的確に診断したうえで、再発を起こさないように根本的な改善を目指します。

腰の痛みについて

腰の痛みについて

肩こり同様に、腰痛は整形外科へご相談いただくことが多い症状の1つです。

繰り返し起こる腰痛・ぎっくり腰でお悩みの方は多く、そうした場合、「重い物を持ち上げて腰が痛くなった」というような突発的な症状の現れ方もありますが、本来、腰の状態に問題がなければそうした発症の仕方はないと言えます。

やはり、姿勢が悪かったり、座り仕事が多かったり、肥満傾向にあったりするなど、普段の生活に何らかの原因が隠れていることが多いと言えます。

当院では、そうした腰痛の原因にアプローチして、根本的な改善を目指します。

今ある症状の改善だけでなく、再発を予防して痛みに悩まされることのない毎日を目指します。

慢性的な腰痛でお困りの方は、是非一度、当院へご相談ください。

膝の痛みについて

膝の痛みについて

膝やすね、足首、足指、足の裏などで痛みがある場合、原因は様々で、痛みの程度・現れ方によっても診断は異なります。

強い痛みが続いている場合、日常生活に支障を来すようになることが多いので、つらい痛みを我慢せずに、当院へご相談いただき、痛みの原因をはっきりさせるようにしましょう。

整形外科で行う治療

薬物療法

強い痛みが生じている場合など、必要に応じて鎮痛剤や湿布などを処方して痛みを軽減します。

トリガーポイント注射

患部へ直接、局所麻酔薬を注射することで痛みを緩和させます。

関節内注射

関節内にヒアルロン酸や痛み止めなどを注射することで、痛みを和らげます。

リハビリ(運動器リハビリ)

リハビリ(運動器リハビリ)

理学療法士(PT)による関節の動き、筋力、筋肉の柔軟性、バランス、姿勢、動作を評価し、根本から対処し、適切な治療プログラムを行います。

また、状態が回復し日常生活や趣味、スポーツ等のパフォーマンスの向上していくことはもちろんですがパフォーマンスを落とさないように回復後の身体のケアも必要です。

当院では回復後のケアとしてホームエクササイズの指導を実施しており、健康増進に努めています。

外傷への処置・脱臼や骨折の整復

切り傷や火傷への処置、また脱臼や骨折への整復・固定を行います。

手術が必要な場合には適切な専門機関をご紹介します。

装具療法

コルセットやサポーター、足底板(インソール)などの各種装具を用いて患部を安静に保ち、症状の改善をはかります。

日常生活の指導

姿勢や歩き方、就寝時の姿勢など、普段の生活を指導して痛みの軽減・再発予防をサポートします。

 

Web予約 reserve

06-6852-5115 telephone

Instagram

LINE