シミについて

  • HOME>
  • シミについて

シミについて

シミとは?

シミとは?

しみは皮膚の表皮にメラニン色素が過剰に沈着したもので、メラニン色素は表皮を構成する4つの層のうち、最も深層にある“メラノサイト”で作られます。
紫外線によるダメージや摩擦などでこのメラノサイトが刺激されると、メラニン色素が増加してシミを引き起こすと考えられています。

シミの原因は?

皮膚の細胞はターンオーバー(新陳代謝)を繰り返していて、通常、約28日周期で新しい細胞に生まれ変わっています。
ターンオーバーを繰り返すことで次々と新しい細胞が生まれて、皮膚表面に押し上げられて最終的には古い角質となって剥がれ落ちます。
ですが、こうしたターンオーバーが乱れたり、メラノサイトが刺激されて過剰にメラニン色素が産生されたりすると、本来、古い角質として剥がれ落ちるはずのメラニン色素が沈着してしまい、シミとなってしまうのです。

皮膚のターンオーバーを乱す原因
  • 加齢
  • ホルモンバランスの乱れ

など

メラノサイトを刺激する要素
  • 紫外線によるダメージ
  • 摩擦

など

そばかすとの違いは?

シミの多くは加齢や紫外線によるダメージなど後天的な要因で発生しますが、シミの一種であるそばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)は遺伝的要素が大きいとされています。

一般的なシミ(老人性色素斑)とそばかすの違いは原因だけでなく、出現の仕方も違い、一般的にシミの大きさは5mm以上で、頬や額など狭い範囲にできることが多いです。
そばかすは5mm以下の不規則な形をした薄茶色の小さな斑点が、顔の中心、手、腕、肩などに多発することが多いです。

シミを放っておくと?

シミを放置していると、イボ状のできものになって脂漏性角化症へ進展する恐れがあります。
また、シミの主な原因は加齢やホルモンバランスの乱れ、紫外線によるダメージ、摩擦などですが、皮膚がんや色素性乾皮症などの病気が原因で起こることもあるので注意が必要です。

シミの種類

シミは大きく次の4つに分類されます。

老人性色素斑

日光黒子(にっこうこくし)とも呼ばれ、一般的にシミと呼ばれるものはこれにあたります。
中年以降に多くみられ、淡褐色から濃褐色をした色素斑です。
主な原因は紫外線によるダメージなので、顔を中心に手や前腕、背中など肌を露出する部位にできやすいです。

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的にそばかすと呼ばれるシミで、直径1~5mm以下の茶褐色の小さな斑点が顔の中心(頬や鼻まわり)に多くできます。
遺伝的要素が大きいとされていて、幼少期ごろから出現し始めて、思春期ごろに特に目立つようになります。

炎症後色素沈着

火傷やニキビ、かぶれなどによる炎症が起こった後にできるシミで、年齢や部位にかかわらず出現しますが、通常、時間が経過するにつれて目立たなくなります。

肝斑(かんぱん)

女性の顔にできやすいシミで、妊娠を機に出現・悪化することから、女性ホルモンが関与していると考えられています。
薄い茶色のやや大きなシミが、頬のあたりに左右対称にできるのが特徴です。

シミへの施術

“隠れシミ”も肌診断機でチェック

“隠れシミ”も肌診断機でチェック

大阪・北摂にあるMIKIクリニック豊中駅前では、基本的に初診の患者様全員に肌診断機による肌のチェックを行っています。

ネオボワール(肌診断器)は、目で見てわかるシミだけでなく、“隠れシミ”も確認することができます。
隠れシミとは肉眼では確認できないシミのことで、一般的に20代後半から増え始めて、30代に入ると少しずつ表面化してきます。

隠れシミはUVカメラを使って初めて確認できるもので、ご自身で気づくことはできません。
当院では施術前のカウンセリングで、ご本人も気づいていない隠れシミをチェックして、最善の施術をご提案させていただきます。

シミ・そばかすにはシミ取りスポット

シミ・そばかすに対して、スペクトラ(Qスイッチヤグレーザー)というレーザーを使ったシミ取りスポットを行います。
シミ以外の部分に熱ダメージを与えにくく、施術したい部位だけにピンポイントで照射しシミを取り除きます。

※肝斑、膨らみがあるシミ、ホクロは適応外となります

肝斑にはレーザートーニング

シミがある部位にレーザーを照射して、肌に余計な刺激を与えることなく、メラニン色素を少しずつ減らしていきます。
肝斑の除去だけでなく、肌質、毛穴の開き、ニキビの改善などにも効果的です。

Web予約 reserve

06-6852-5115 telephone

Instagram

LINE